2012年02月06日

雑誌掲載「予算内で賢く家を建てる178のコツ」[あとだし]

P1000185.jpegP1000183.jpeg


2月2日発売の書籍「予算内で賢く家を建てる178のコツ」に「藤沢・K邸」「金森の家」「大場町の家」「上尾の家」がコストダウンの実例として掲載されました。


P1000184.jpeg
また、特集「家づくりに欠かせない見積、契約、設計図書に強くなる」を中村高淑が監修、実施図面や見積比較表などの資料提供をしています。

posted by みーちゃん at 18:43| 神奈川 ☀| 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

「上大岡の家」の地鎮祭

写真 12-02-05 10 16 08.jpeg


本日の午前中は「上大岡の家」の地鎮祭。

擁壁工事が終わり、いよいよ建物の工事に入ります。
完全分離の二世帯住宅ですので2軒分の住宅規模になり、建築基準法上の分類は長屋となります。
擁壁の作り替えや既存地下車庫もあって難易度の高い計画です。

施工は親松工務店。
施主・設計者・施工者と関係者一同で工事の安全を祈願しました。

K様、本日はおめでとうございました。


posted by みーちゃん at 19:50| 神奈川 ☁| 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

「宮前平の家」現場

写真 12-02-04 11 32 06.jpeg
すっかりご無沙汰しておりますにゃ。副所長のみーちゃんです。

昨年は常に10件以上のプロジェクトが平行して同時進行、おまけに建築家協会やUIA2011東京大会(世界建築会議)のボランティア活動などもあって多忙を極めておりまして、すっかりブログの更新が滞っておりました。。。  (^_^;A

年末年始を挟んで4軒の住宅がほぼ同時期に竣工、さらにこの1月2月で2軒が施工契約を済ませて着工します。
やっと落ち着いて時間がとれるようになりましたので、ぼちぼちブログ再開しますにゃ!
去年UPできなかった分もそのうち例によってこっそり「後だし」しますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、本日の午前中は「宮前平の家」現場打合せです。
この家は長期期優良住宅制度を利用し、なんと国から木の家促進事業として100万円もの助成金の交付を受けます。

いよいよ足場がはずれて外観のお披露目です!
今回は珍しく外壁が白ではなくて少し色が入っていますが、こちらのお施主さん家族の雰囲気にマッチしていい感じです。


今月末の竣工を目指して仕上げ作業にかかっています。
2月25日(土)26日(日)に オープンハウス(見学会)を開催予定です。
近くなりましたらまたこのブログで告知いたします。見学ご希望のかたはお気軽にお問い合わせください。

■見学のお問い合わせ
(株)中村高淑建築設計事務所
TEL:045-978-4335 (担当:中村、高橋、井坂)
Mail:nakamura@unit-h.com
posted by みーちゃん at 17:36| 神奈川 ☀| 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

連続オープンハウス4 「狛江・M邸」(長期優良住宅) 

B.jpeg


====================================
連続オープンハウス4 「狛江・M邸」(長期優良住宅)  
■12月24日(土)、25日(日)■ ※開催日が変更になりました。
====================================

面積規模に制限のある長期優良住宅としてはほぼ最小限度規模の家。
(延床面積約83平米、23坪)

やや密集した住宅地の中にあり、周辺は新旧の住宅が入り交じっている。南側の東向きと南西側に視界の抜けがあり、わずかに借景できる木々がある。
1階は閉鎖的で陽当たりもさして望めないため、寝室や水回りを配置した。開放的なつくりが可能な2階にLDKと客間を兼ねた予備室を配置した。

当面、1階の広い個室を主寝室として使い、子どもが成長した後には子ども室として2室にわけることが可能。その場合には2階の予備室を主寝室として利用する。
小さな家でありながらも、若い建主の将来の家族構成に応じて、柔軟に対応可能な家を提案した。


 ●日 時:平成23年12月24日(土)13:00 - 18:00
             25日(日)13:00 - 18:00
      ※午前中をご希望のかたはご相談ください
 ●場 所:東京都狛江市
 ●交 通:小田急線「喜多見」駅より徒歩11分
      敷地周辺にコインパーキングあり



連続オープンハウス3「蓮根の家」は工事の進捗状況から中止といたしました。
  お申し込みいただいた皆様にはご迷惑おかしましたことをお詫びいたします。


posted by みーちゃん at 08:59| 神奈川 ☀| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

連続オープンハウス2「保土ヶ谷・F邸」(長期優良住宅)

01.jpeg



4週間連続して一挙に4軒の住宅を一般公開!

連続オープンハウス第二弾「保土ヶ谷・F邸」12月3日(土)-4日(日)13:00-18:00
皆様のお越しをお待ちしております。ぜひご高覧ください。

見学は申込制(無料)です。開催時間中に自由にご見学いただけます。
ドタキャンもOKですのでお気軽にお申し込みください。

▼申込方法:メールにて(nakamura@unit-h.com)
見学は申込制(無料)です。 「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」
をお書き添えのうえ、お申し込みください。おって詳しい案内をメールでお送りします。

※当日のお申し込みは (株)中村高淑建築設計事務所 045-978-4335 までお電話ください。

===============================================
オープンハウス2「保土ヶ谷・F邸」(長期優良住宅) ■12月3日(土)、4日(日)■
===============================================

新しく造成された住宅地の一角に計画された家。
高台にあるため眺望をいかしつつも、開放感とプライバシーのバランスに配慮した。

妻が子育てと両立してデザインの仕事を自宅でできるように、LDKの一角にワークスペースを計画した。
大きな家ではないが、子どもの遊び場にもなるロフトをバッファスペースとすることで、必要になれば事務所も併用できるだけの将来的な自由度を持たせた平面計画とした。

高台にあって相当の風圧力を受けるが、ニスクボード(金属断熱サンドイッチパネル)を屋根・壁の構造下地に採用することで、在来木造では不可欠であった通気層が不要となり、その厚さや工程を省きながらも、耐風圧性・耐震性・防火性・断熱性・施工性に優れる。


 ●日 時:平成23年12月03日(土)13:00 - 18:00
             04日(日)13:00 - 18:00
      ※午前中をご希望のかたはご相談ください

 ●場 所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区東川島町
 ●交 通:相鉄線「西谷」駅より徒歩約15分
      駅周辺にコインパーキングあり
      敷地内に1台駐車スペースあり

▼建築概要と模型写真はこちらから
http://www.unit-h.com/nakamura/works/prioject/1110hodogaya/index.html


posted by みーちゃん at 00:46| 神奈川 ☀| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

連続オープンハウス1「美しが丘西の家」(長期優良住宅)

P1060300 1.jpeg


来週の土日を皮切りに4週間連続でオープンハウスを開催します。
一挙に4軒の住宅を一般公開!

まずは第一弾「美しが丘西の家」11月26日(土)-27日(日)13:00-18:00。
皆様のお越しをお待ちしております。ぜひご高覧ください。

見学は申込制(無料)です。開催時間中に自由にご見学いただけます。
ドタキャンもOKですのでお気軽にお申し込みください。

▼申込方法:メールにて(nakamura@unit-h.com)
見学は申込制(無料)です。 「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」
をお書き添えのうえ、お申し込みください。おって詳しい案内をメールでお送りします。

※当日のお申し込みは (株)中村高淑建築設計事務所 045-978-4335 までお電話ください。

================================================
オープンハウス1「美しが丘西の家」(長期優良住宅)■11月26日(土)、27日(日)■
================================================

当方のWEBサイトなどを手がけていただいている、アートディレクター・デザイナー・アーティストである伊波サチヨ氏と家族の家。周辺に自然の残る郊外に建ち、白い外観が印象的。ホームパーティもできるようにとスペースや天井高さにゆとりを持たせ、家の中央に階段をおきながら明るく開放的な2階LDKとした。

クライアントは美術大学の学生のころから建築が大好きで、自分の住宅を建てるにあたり、建築家に設計を依頼するのが夢だったそう。公私に渡り多くの建築家と交流があるが、同じ大学の出身で年齢的にも近く、価値観も合うことなどから、ご縁があって設計の機会をいただいた。既知の仲であるため、特にその人柄が建物にあらわれるようにと心がけた。

限りある予算ではあったが、なるべく多くのこだわりや夢を実現するため家具のヒノキ工芸さんをはじめ、一流品でありながらもご自身でゆかりのある業者へ分離発注を行うなどの工夫をした。一戸建て住宅への引越しを機会に、新しく家族が増えて(猫ちゃん)、新居での生活が待ちきれない様子。更に将来は親世帯との同居型2世帯住宅としても対応できる。


 ●日 時:平成23年11月26日(土)13:00 - 18:00
             27日(日)13:00 - 18:00
      ※午前中をご希望のかたはご相談ください
 ●場 所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘西
 ●交 通:田園都市線「たまプラーザ」駅よりバス、またはタクシー
      敷地内に若干台駐車スペースあり

↓建築概要と模型写真はこちらから
http://www.unit-h.com/nakamura/works/prioject/1109utsukushigaokanishi/index.html


posted by みーちゃん at 12:34| 神奈川 ☁| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

さよなら、スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)

P1050910 1.jpeg


今日、Apple の創始者 スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)が亡くなった。
ジョブスの独創性に富んだアイデアから産まれた魅力的なプロダクツにはとてもワクワクした。
ありがとうジョブス。寂しくなります。。。


Dear Jobs

Thank you for your hot products and beautiful idea.
I will not forget you.
Stay Hungry、Stay Foolsh.

Rest in Peace.



多忙を極めていてすっかりブログの更新をサボっていましたが、UIA2011東京大会(第24回世界会議)が終わり、10件以上動いていたプロジェクトも落ち着いてきたので、そろそろ大会のネタで再開しようと思っていたところに、この訃報です。
本日は Apple や Jobsのことを書きたいと思います。


Macに初めて触れたのは大学生1年生のときだった。建築家 槇文彦先生の設計したTEPIAを見学に行ったときに、たまたまMacintosh IIやSEの展示会をしていて直接触れることができた。
当時、パーソナルコンピュータはPC98シリーズが全盛であり、Basicやマシン語といった呪文のようなコマンド入力が無くとも
いとも簡単にマウスで好きところに好きな絵が描けたり、どこにでも文字が書けることに衝撃を受けた。
しかし、当時はその高価さから大学生に購入などできる代物ではなく、通っている美術大学にすらまだ導入されていない状況だった。

1992年大学を卒業してすぐに、出身地の浜松で実家兼店舗を設計、それが完成した後、東京に戻り多摩美大教授の田淵先生の設計事務所で働くのだが、その事務所の先輩・柳氏が自費でSE/30を購入、手描図面がまだ主流だった時代にCAD図面を導入し始めたのだ。Macはなんとも愛嬌のあるコンピュータで、使うことそのものが楽しかった。
その後、事務所は急速にCAD化が進み、Centris 650 や Color Classic , PowerBook 145b などを次々と導入。手描き図面からCAD図面に移項したハシリの世代となった。

多摩美術大学のキャンパスを学内インハウスで設計することになり、設計室に与えられたPowerMac8100以外にも自腹の中古LC 520(後のunit-Hパートナー渋田から譲ってもらったもの)を持ち込んで仕事していた。そこの設計室でインターネットに初めてつながった日を良く憶えている。
まだまだコンテンツが少ない時代であったが何か全く新しい時代を予感させてくれるものであった。
しかし、まだまだインターネット接続に予算がつくほどの理解が無く、その時のプロバイダー費用も自腹だった。
ここでは8100以外にも6100、7100、Performa5440、Performa 6420 などを導入した。携帯電話もこのころから急速に普及し、一般化していった。インターネットと携帯電話、コンピュータによって仕事や生活が大きく変わる境目にあった。

1999年独立して最初の仕事は後輩の家(「上北沢の家」)であった。その仕事はPM G3 DT233 と Appleに復帰したスティーブ・ジョブスが生み出したスケルトンのポリカーボネイトの筐体で登場したiMacで図面を書いた。このiMacはとても安い価格であり、スタッフ用や共用サーバーなどに複数台導入することになった。デジタルカメラもこの頃から使いだす。

独立してばらくは、平行して多摩美研究室の実施プロジェクトも参加しながら自身の仕事をすることになったので、自分のメインマシンはPowerBookG3/233に替え、研究室でも事務所でも同じ環境で仕事ができる体制にした。ここからモバイルPCの便利さにはまる。
携帯とノートPCさえあれば公園でもカフェでも海外でもどこでもオフィスになった。仕事のしかたや場所の概念がまるで変わることになった。

2000年、原宿の美容院併用住宅「神宮前の家」を手がけている頃にPowerBookG4 Titanium 400 が発売、ストリーミングによるジョブの発表を見て、あまりのかっこよさに実物も見ずにネット上の AppleStore でオンライン購入した。
このころAppleの株価はほぼ底で当時で確か18ドルくらいだったかと思う。その後株式分割しているからいまの価値にすると9ドルくらいか。先日400ドルを越え、時価総額で世界一になった。倒産もささやかれていた企業がジョブズの復帰によって実に44倍以上の株価になったのだ。このころ株を全力で買って気絶していればひと財産できたのに....!
(ま、実をいうと2005年に買っているのだが、もう随分あがった気がしていてほんのちょっとしか買っておらず、リーマンショックを回避して売り抜けて以来、買い戻しそびれてしまった.....。)

2001年(ちょうど10年くらい前になるのか!)、iPodが発売され、Appleは単なるコンピュータ会社では無くなった。アメリカに行くと多くの人がiPodを使っていたのを見て、へぇと思っていたら、そのうち日本でも急速にiPod利用者が増えていった。それまで時間に余裕がなくて久しく音楽を聴かなくなっていたのだが、iPodとiTunesによって音楽を聴くライフスタイルが戻ってきた。これはWalkMan以来の衝撃的な出来事になった。

以来、PowerBookG4 Titanium 550 、PowerBookG4 Aluminum15" 1.5GHz、MacBook、MacBookPro15 とMacを使い続けて来た。途中、2003年11月にMacOSX 10.3をインストールし、本格的にOS9から移行を開始した。事務所の共用マシンとしてシースルーのiMacG3をiMacG5 20" 1.8GHz、iMac24" 2.4GHzに置き換えた。一応、Windowsはデュアルブート用とネット会議用にHPのネットブックがあるが、ほとんど使う機会がない。

2008年の夏からiPhoneを使いだし、クラウドコンピューティングによるアドレス帳やカレンダーの同期、共有がシームレスにそれも劇的に簡単に可能となった。これにより仕事の仕方やライススタイルに大きな影響を与えた。

プロダクツ以外にもジョブスのキーノート(基調講演)、スピーチ、創造力においてとても大きな影響と刺激を受けた。日本時間では深夜にあたる新製品の発表のストリーミングを見るのは、下手なテレビドラマよりワクワクさせられた。
今、読み返すと1984年当時のインタビューでジョブスは今日の家庭用パーソナルコンピュータとネットワークコンピューティングが普及している社会を彼は説明していたのには驚く。
もしかしたら、今日のWindowsでも同じことはできるのかもしれない。ただ自分にはMacのほうが簡単で何より使っていて楽しいのだ。使って楽しい、道具としてはこうありたい。
ジョブスはこれまで充分に夢を与えてもらい楽しませてくれた。

そして何より彼は自分が欲しいと思えるものを、最良のものを創り続けることの大切さを教えてくれた。
彼ほどのカリスマはそうそういるものではないだろう。しかし、僕もジョブスに習って、建築の仕事をする上で迷ったときは必ず自分が最良と思えること、自分が欲しいと思うもの、自分自身がワクワクするようなものを提案するように心がけて来た。これからもそうありたい。

これまでのワクワクするプロダクツと美しいアイデアありがとう。淋しくなります。
さようなら、ジョブス。安らかに。


posted by みーちゃん at 20:34| 神奈川 ☀| Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

「磯子の家」オープンハウス

00-isogo.jpg


当事務所の設計監理による住宅が完成を迎えました。
クライアントのご厚意によりオープンハウスを開催します。
ぜひ、ご高覧いただければ幸いです。
見学は申込制(無料)です。ドタキャンもOKですのでお気軽にお申し込みください。
皆様のお越しをお待ちしております。

=============================================
「磯子の家」オープンハウス   ■7月3日(日)■
=============================================

住宅密集地にある敷地面積約47平米(14.2坪)という狭小敷地に計画された木造3階建て同居型2世帯住宅。
敷地境界からギリギリの施工寸法で平面計画された建物は、屋根と北側の外壁がガルバリウム鋼板で一体となってつながり、道路面からはカーポートを兼ねたデッキがしつらえられていて、それらが外観上の特徴になっている。
2階は共有スペースとしてLDKと水廻りを配置。光を大きく取り込み、階段やデッキを内部空間の延長上に置くことで視覚的な広がりを持たせている。限られたスペースを有効に使おうとアイランドキッチンにつながるリビングダイニング兼用スペースをあえて一段高くし、座のスタイルとした。このアイランドキッチンを中心としたコミニュケーションの場として、座にすわる人、キッチンに立つ人、カウンターの椅子にすわる人、3段階にレベルの変化をつけてそれぞれの目線の高さが近づくように配慮されている。
1階の親世帯居室は光や風など外を感じつつも閉じて落ち着いた空間に、3階の子世帯居室はその床面積にしては大きめの窓が開けた印象で、対照的な造りとなっている。また、木造3階建ては一般に防火上の規制から味気ない内装であることが多いが、随所に合法的に燃代計算をした天然木材を用いることで暖かみのある、居心地のよい住まいとなったのではないかと思う。

 ●日 時:平成23年7月3日(日)13:00 - 18:00
      ※午前中をご希望のかたはご相談ください
 ●場 所:神奈川県横浜市磯子区
 ●交 通:JR根岸線「磯子」駅より徒歩約13分
      付近にコインパーキングあり

↓ 建築概要と模型写真はこちらから「磯子の家」中村高淑建築設計事務所のサイトへ
http://www.unit-h.com/nakamura/works/prioject/1005isogo/index.html

▼申込方法:メールにて(nakamura@unit-h.com)
見学は申込制(無料)です。 「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」をお書き添えのうえ、お申し込みください。
おって詳しい案内をメールでお送りします。
※当日のお申し込みは (株)中村高淑建築設計事務所 045-978-4335 までお電話ください。


posted by みーちゃん at 21:53| 神奈川 ☁| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

「辻堂の家」オープンハウス

00-tsujido.jpg


当事務所の設計監理による住宅が完成を迎えました。
クライアントのご厚意によりオープンハウスを開催します。
ぜひ、ご高覧いただければ幸いです。
見学は申込制(無料)です。ドタキャンもOKですのでお気軽にお申し込みください。
皆様のお越しをお待ちしております。

=============================================
「辻堂の家」オープンハウス   ■6月4日、5日■
=============================================

辻堂駅からそう遠く無い商店街に隣接した住宅地の角地に位置し、LDKから吹抜・ロフトに繋がる木製の外部建具が印象的な家である。
小さな家ではあるが1階LDKから2階をつなぐ吹抜をもち、さらに吹抜上部に子供室からつながるロフトを設けて立体的に空間を構成することで法的な容積率のなかで十分な床面積を確保しながらも、家中に光と風を取り込み、開放感と空間の伸びやかさを得ることを試みた。
建物はオープンでありつつも動線とプライバシーに配慮した計画となっている。LDKの南側は吹抜、階段を配した開放的な空間構成であるが、玄関からは納戸を抜けキッチンへ、水廻りへ、そして2階へとリビングを横切ることなくアクセス可能。ロフトを活用することで将来への対応も視野に入れている。外部、内部ともに仕上げ材として木を多く使用していることから全体に柔らかな雰囲気ではあるが、タイルなどをアクセントにスタイリッシュな一面もあり変化をつけている。1F南側デッキは水廻りからリビングまでの目隠しとなりプライバシーを守りながら外部空間を楽しめるスペースとなっている。

●日 時:平成23年6月4日(土)13:00 - 18:00
     平成23年6月5日(日)13:00 - 18:00
     ※午前中をご希望のかたはご相談ください
●場 所:神奈川県藤沢市辻堂新町
●交 通:JR東海道本線「辻堂」駅より徒歩約12分
     敷地内に若干台中駐車スペースあり

↓ 建築概要と模型写真はこちらから「辻堂の家」中村高淑建築設計事務所のサイトへ
http://www.unit-h.com/nakamura/works/prioject/1005tsjido/index.html

▼申込方法:メールにて(nakamura@unit-h.com)
見学は申込制(無料)です。 「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」をお書き添えのうえ、お申し込みください。
おって詳しい案内をメールでお送りします。
※当日のお申し込みは (株)中村高淑建築設計事務所 045-978-4335 までお電話ください。

posted by みーちゃん at 14:25| 神奈川 ☀| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

「戸塚の家」長期優良住宅オープンハウスのおしらせ

CIMG2103.jpeg


当事務所の設計監理による住宅が完成を迎えました。
木のいえ整備促進事業(長期優良住宅普及促進事業)の一環として助成対象住宅のオープンハウス(見学会)を開催します。
見学は申込制(無料)です。ドタキャンもOKですのでお気軽にお申し込みください。皆様のお越しをお待ちしております。

=============================================
■長期優良住宅「戸塚の家」オープンハウス  4月9日 - 10日
=============================================

計画地は40年ほど前に開発分譲された郊外の住宅街に位置する。東西方向に長い敷地形状であり、敷地の南側には十分な冬のダイレクトゲインが得られるだけの庭=引きが計画できない。そこでに1階のLDKに吹抜けをもうけ、この吹抜けに面したハイサイドライトから家中に光を取り込むことで、吹抜けのあるLDKを中心に「光」と「風」と「家族の気配」が感じ取れるような家を考えた。
この太陽光によるダイレクトゲインに加え、長期優良住宅を取得した耐久性の高い省エネルギー型住宅であり、セルロースファイバーやニスクボード、硬質ウレタンフォームなどの断熱材を組み合わせた気密性や断熱性能に優れた家となっている。設備的にも温水式床暖房を備え、季節を問わず快適に過ごすごとができる。


 ● 日 時:平成23年4月09日(土)13:00 - 18:00
             4月10日(日)13:00 - 18:00
      (午前中をご希望のかたはご相談ください)
 ●場 所 :神奈川県横浜市戸塚区子雀町
 ●交 通 :JR「大船駅」よりバス、またはタクシー

建築概要と模型写真はこちら
http://www.unit-h.com/nakamura/works/prioject/1005totsuka/

▼申込方法:メールにて(nakamura@unit-h.com)
見学は申込制(無料)です。 「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」をお書き添えのうえ、お申し込みください。
おって詳しい案内をメールでお送りします。
※当日のお申し込みは (株)中村高淑建築設計事務所 045-978-4335 までお電話ください。


posted by みーちゃん at 16:28| 神奈川 | オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

クライアントの皆様へ

このたびの東日本大震災における被災者の皆さまに心よりお見舞い申しあげます。
建築に携わる者のひとりとして微力ではございますが、より安心して暮らす事ができる建物やまちづくりに一層尽力していきたいと思います。
まだまだ余震や原発の問題もあり落ち着かない日々かと思いますが、どうぞ冷静にお過ごしいただき、一日も早い平穏が訪れますことをお祈りいたします。


■建物完成済み、入居済みの皆様へ
被害の無い旨をご連絡いただきました皆様、ありがとうございました。
私どもの手がけました完成済みの建物にお住まいの皆様におかれましては、建設地からも大きな損傷は無いものと思われますが、念のため下記の自主点検をお願いします。

自主点検事項
・外壁のクラックの有無(目視)
・基礎外周部のクラック有無(目視)
・室内壁天井のクラック有無(目視)
・窓、ドアの開閉不具合、ガラスの割れ (目視)
・屋上、バルコニーの防水層クラックの有無 (目視)
・外構土間床、フェンス、擁壁のクラック有無(目視)
・設備機器(水道・ガス・電気・空調換気)異常の有無

もしも異常があれば当方もしくは施工された建設会社にご連絡ください。
クラックの発生が見られた場合にはその幅が測れる高さにあればひび割れの太さが何ミリかをお知らせください。
以前からのヘアクラックの場合には全く心配ありませんが、大きなクラックが新たに発生しているようであれば専門家による点検をおすすめいたします。ご相談ください。

■建築工事中・解体工事中の皆様へ
すべての工事中の現場で被害や異常がないことが確認できております。
ただし、今後の工程に少なからぬ影響がでるものと思います。
すでに、余震や計画停電による現場作業の効率低下、建設資材の生産や流通の乱れ、ガソリン不足...、などなどの影響により、一部工程に影響が出始めていると報告を受けております。今後、施工者サイドから随時工程の進捗と予定の報告を受けながら職人や作業員の安全を第一に調整いただきます。
何卒ご理解とご協力をいただければと思います。
直近の施主立会・現場打合せについても、もしもご都合が悪くなった場合には柔軟に対応いたしますので、ご相談ください。

■設計段階の皆様へ
地震直後の設計打合せがいくつか延期になりましたこと、現在進行中の現場工程が流動的なこと、災害支援に関する緊急的な対応があることなどから、全体・個別にまた改めてスケジュールを調整させていただく場合がございます。その場合には改めてご相談差し上げますので、何卒よろしくご理解とご協力をいただければと思います。
直近の設計打合せについても、ご都合が悪くなった場合には柔軟に対応いたしますのでご相談ください。

何かご不明な点やご心配な向きがありましたら、お気軽にお問い合わせください。


(株)中村高淑建築設計事務所
代表取締役 中村高淑
スタッフ一同
posted by みーちゃん at 00:00| 神奈川 | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

「篠原の家」オープンハウスのお知らせ

P1030102.jpeg


=============================================
■オープンハウス「篠原の家」長期優良住宅 3月12日 - 13日
=============================================

このたび、当事務所設計による住宅が完成を迎えました。
クライアントのご厚意によりオープンハウスを開催します。
ぜひ、ご高覧いただければ幸いです。
見学は申込制(無料)です。ドタキャンもOKですのでお気軽にお申し込みください。
皆様のお越しをお待ちしております。

新横浜駅からほど近い丘陵地に新しく開発された区画に計画された家。南側の自敷地内にワンフロア分ほどの高さの擁壁を抱え、その擁壁の上のレベルで寺の境内にある墓地と隣接する。一般に墓地を忌み嫌う傾向にあるが、空が広く開放的な上、見事な枝振りの桜があった。そこで、墓石そのものはある程度目隠ししながらも借景と空への開放感を求めることとした。2階のリビングから伸びるブリッジ状のデッキでレベルをつなぐこととし、外部空間を建築に取り込むことで、北側道路側のやや閉鎖的でコンパクトなファサードから受ける印象からは想像がつかないような明るくさわやかな空間を置いた。

 ● 日 時:平成23年3月12日(土)13:00 - 18:00
             3月13日(日)13:00 - 18:00
     (午前中をご希望のかたはご相談ください)
 ●場 所 :神奈川県横浜市港北区篠原町
 ●交 通 :1) JR横浜線「新横浜駅」篠原口より徒歩 約10分(約900m)
       2) 横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜駅」出口2より
         徒歩 約12分(約1km)
        ※付近にコインパーキング有り

↓ 建築概要と模型写真はこちらから
「篠原の家」中村高淑建築設計事務所のサイトへ
http://www.unit-h.com/nakamura/works/prioject/1005shinohara/index.html

▼申込方法:メール(nakamura@unit-h.com)にて
「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」をお書き添えのうえ、お申し込みください。
おって詳しい案内をメールでお送りします。
※当日のお申し込みは (株)中村高淑建築設計事務所 045-978-4335 までお電話ください。


posted by みーちゃん at 14:22| 神奈川 ☀| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

横濱建築祭 CROSS×CROSS 開催

すっかり更新が滞っております。
ネタはいっぱいあるのですが、現在10件を超えるプロジェクトが同時進行していまして、Blogにさける時間がなかなか持てません。。。

さてさて、そんな中ですが、中村高淑が副代表を務めております、(社)日本建築家協会 JIA神奈川が主催するイベントが開催されます。

0211E5BBBAE7AF89week.jpeg


JIA神奈川 建築WEEK2011「横濱建築祭 CROSS×CROSS」
http://www.jia-kanto.org/kanagawa/event_week/2011/index.html
2月24日 - 3月1日 

建築WEEKは(社)日本建築家協会JIA神奈川が毎年行う建築祭です。
横濱建築祭は、子どもたちや学生・市民、企業、行政、建築団体の皆さまと建築家がさまざまなイベントを通して“交流 「cross×cross」”するのがテーマです。

建築家協会の正会員・賛助会員はもちろん、建築文化や住まいに関心のある一般の皆様、学生さん、子どもさん、地元商店街の皆様、企業の皆様、行政関係の皆様、メディアの皆様、ぜひお集まりください。


いよいよ、本日24日「すまいの模型と写真展」(山手234番館)を皮切りにスタートです!

02.jpeg

01.jpeg

当事務所からも「すまいの模型と写真展」に「大場町の家」、「栗平の家」の模型と写真を出展します。
クライントの皆様も大歓迎です。お時間が許せばぜひ会場に足をお運びください。よかったら26日(土)のパーティにも!



建築家模型と写真展

建築家と造った住宅の模型とパネル展

日時
:2月24日(金)〜3月1日(火)
  10:00−17:00
場所
:山手234番館ギャラリー
参加費
:無料


クロスクロスパーティー

市民、学生、企業、行政と建築家が「建築デザイン」を通して交流するパーティー 卒業設計コンクール、シンポジウムの後にCROSS×CROSSしましょう!

日時
:2月26日(土)18:30−20:30
場所
:BankART Studio NYK 1階
参加費
:2500円(学生1000円)





posted by みーちゃん at 12:45| 神奈川 ☁| 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

インド建築旅行

P1010312.jpeg

ナマステ〜!
ただいまインドに来ています。

本当は土曜日成田に帰国予定でしたが、インド国内線の遅延トラブルで予定した帰国便にトランジットできず、デリーで足止めを食らってしまいました。(泣)
便数が少ないため月曜日の帰国に...。日曜日と月曜日に予定していた打合せや会議は急遽キャンセルです。
が、これもインド旅行の醍醐味(!?)と開きなおって、思いがけない期間延長を楽しんでいます。
時間ができたのでかいつまんでブログにアップしますね。


P1010027.jpeg


今回のインド旅行の目的はコルビジェが計画した都市シャンティガールと綿業会館、L.I.カーンのインド経営大学の見学。



P1010087.jpeg

フランスや日本にあるコルビジェの建築、アメリカにあるカーンの建築もいくつか見ていますが、ここインドではインドならでは要素も取り入れた実に力強い建物でとても感動しました。
そのついでに(普通の人はこちらがメイン!?)タージマハールなどの世界遺産や遺跡も見学しましたが、いやいやこちらも素晴らしいのひとこと。


P1010770.jpeg



P1010619.jpeg


建築はやはり現地で実物を見ないとほんとうのところはわかりません。気候・風土・匂い・音・歴史や文化まで含めての建築です。
実に歴史ある文化と文明を持った国で尊敬に値します。

が反面、それよりもなによりもインドという国へのカルチャーショックが一番すごい!(笑)

まず面食らうのが右に左に縦横無尽、対向車が来ていても追い越しをかけるインディアンドライバーによるインド走り、そしてけたたましく鳴り響くホーン。
しだいに慣れてきましたが、初めのうちは並のジェットコ
スターよりもスリルが味わえますよ。
バイクの3人乗り4人乗りもあたりまえです。


P1010174.jpeg



それに野良犬、そして野良牛。(笑) 
実は野良人もいたりします。
(※写真の牛は飼い牛です。野良牛もこんな風に普通に道路にいます。)

東京の街をよく「カオス(混沌)」と称しますが、なんのなんのインドはカオスなんてもんじゃない!
むしろ無秩序に近いような...。(笑)

IMG_0720.jpeg


こうみえても僕はとても繊細にできていてお腹も弱いので、インドへは一生行くつもりはなかったのです。
が、インドのコルビジェとカーンは一度は見てみたい。

そんな折、「大磯の家」のクライアント家族が仕事の都合で一年ほどインド滞在するとのことで「知り合いがいて体力のあるうちに行こうかな」となったのです。
さらにちょうどタイミングよくコルビジェの孫弟子にあたる建築家・室伏次郎さんが6月にインドにいかれたのことでスライドを見せていただく機会がありました。室伏さんのインドのお話しを伺ったら、もういくしかないと決断!
忙しい最中のスケジュールをやりくりしたのです。


IMG_0700.jpeg


そうそう、旅の楽しみのひとつといえば食事です。こちらは3食カレーがデフォです。
10日近く滞在し、いくらうまいとはいえカレー三昧にもさすがにあきました〜。
お腹はちょっとゆるいものの体調はいたって元気です。
早く帰ってゆっくりお風呂に入ったあと日本食が食べたい!

明日こそ帰れるかにゃ!?







posted by みーちゃん at 17:04| 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

「世田谷代田の家」オープンハウスのおしらせ ■ 11月6日、7日■

IMGP4131.jpeg


狭小で変形した敷地ながらもクルマ2台分のインナーガレージを持つ家。さらにワークスペースを兼ねた玄関には自慢のカスタムハーレーを収容・展示する。

敷地形状に合わせ変形した平面形状・断面形状とせざるを得ないことから、構造形式は本来は鉄筋コンクリート造か鉄骨造を採用したいところであるが、コストや時間的な制約から木造3階建てにて計画、軸組み自体はとてもシンプルな架構に収斂させた。

2階に配置したLDKは螺旋階段のある吹き抜けをもち、隣接する客間兼用の和室スペースと普段は一体に使うことにして、面積以上の広がり感じさせるようにした。3階の個室は北側斜線制限によって削られた斜め屋根がLDKとは対照的にこじんまりとした隠れ家的な雰囲気を醸し出す。最上部にはペントハウスと小さいながらも屋上も実現、都内の住宅密集地にあって開放感を得ることができる。

外観としては斜めに削られる屋根部分も含めて3面を濃紺のガルバリウム鋼板張りとすることで耐水性を確保すると共に、貝殻のような外郭としてのマッス(量感)を意識し、やや平面的なファサード面のみを白を基調に木やタイル、鉄やモルタルなど様々な素材をモンドリアンパターン的に組み合わせることで、ツルぴか単調になることを嫌いながらも一定の統一感のあるリズムを奏でるようにと考えた。


 ● 日 時:平成22年11月06日(土)13:00 - 18:00
             11月07日(日)13:00 - 18:00
     (午前中をご希望のかたはご相談ください)
 ● 場 所:東京都世田谷区代田
 ● 交 通:世田谷線「若林」駅より徒歩約8分 (約720m)
        小田急線「世田谷代田」駅より徒歩約11分 (約930m)
        田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩約17分 (約1.4km)
        近くにコインパーキング有り


↓ 建築概要と模型写真はこちらから
 「世田谷代田の家」中村高淑建築設計事務所のサイトへ
   http://www.unit-h.com/nakamura/works/prioject/1005setadaita/index.html


▼申込方法:メール(nakamura@unit-h.com)にて
「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」をお書き添えのうえ、お申し込みください。
 おって詳しい案内をメールでお送りします。
 ※当日のお申し込みは (株)中村高淑建築設計事務所 045-978-4335 までお電話ください。


posted by みーちゃん at 23:16| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

「篠原の家」配筋検査

FG4-2.jpeg

今日は「篠原の家」の基礎鉄筋の配筋検査です。
地盤改良(柱状改良)、地業工事と進み、基礎工事の段階。
事前に実施設計図を基に作成した基礎施工図による書類上で確認に加え、実際の現場で鉄筋の組み方を検査します。

CIMG3266.jpeg

吉田構造設計室の担当・鳥養さんと中村設計担当スタッフの高橋とで施工状況をチェックします。
雨で工程がずれた影響で一部工事が間に合っていませんでしたが、全体としては美しい配筋で、実に丁寧で良好な施工です。

未施工の部分と一部是正部分を手直しを確認したら、いよいよコンクリート打設。
見えなくなる部分だからこそ、キチンとしたチェックが欠かせません。
コンクリートの品質も配合計画書などの書類はもちろん、テストピースを採取、試験をして確認していきます。
まずは地盤や基礎がしっかり出来ていなければ、上物がいくら立派にできてもダメダメです。

この日はたまたま土曜日だったので、施主のTさんも配筋状況を見学です。
タイミングによっては見学できないこともあるのですが、2度と目にすることが無い部分なので、できれば見ておくといい経験になるかと思います。


このところの竣工ラッシュも間もなく一段落、ブログ更新が滞り気味ですが、少しずつ「あとだし」していきま〜す。


posted by みーちゃん at 00:00| 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

「神宮前の家・CURE」 [あとだし]

IMG_0567.jpeg


中村が髪を切ってきました。
建築家協会での会議の合間に、すぐ近くにあるいつものヘアーサロン「CURE」へ。

当HPでは「神宮前の家」として掲載、福岡の建築家・渋田耕治とコラボレーショングループunit-Hを立ち上げて共同で設計監理した建物です。
1Fが美容院と玄関、2〜4階がオーナーの住居になっているRC打放しの店舗併用住宅です。
2002年の竣工から8年ほどたっていて、当時植えた木がすっかり大きくなってきました。

「神宮前の家(CURE)」
http://www.unit-h.com/nakamura/works/architecture/02jingumae/index.html

■CURE
http://www.cure2002.com/


P1000145.jpeg

お隣ではモデルの薫子さんがヘアーメイクをしてもらっています。
手がけているのがオーナー美容師の芦澤さん。

薫子さんはとてもお美しい方なのですが、カット中なので顔出しはNGです。(笑)
↓こちらのご本人のブログでご確認ください。自らのファッションブランドも立ち上げているそうです。

■Kaoruko Magazin
http://kaoruko.modelbk.com/
■Vent karbume
http://ameblo.jp/kaorukomagazine/



P1000147.jpeg

出来上がりはこんな感じ。どーでしょう!?
9月に入ったとはいえ、この日も猛暑、というか酷暑。
髪をさっぱりと短くして、少しでも涼しくすごせるといいですにゃ。




posted by みーちゃん at 00:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

「狛江・Y邸」オープンハウスのお知らせ ■ 9月11日、12日■

00-komae.jpg



ローコストながらもハーレーダビッドソン用のバイクガレージのある家です。
単独のガレージではなく、玄関とスペースを共有することによって予算と法規制からくる面積規模の制約をクリア、全体をコンパクトにまとめることができました。乗らない日でも毎日愛車を愛でることができ、バイクを飾る感覚で玄関スペースに置くことにしたのです。奥様の出身地が大谷石の産地ということもあって、このバイクガージを兼ねた玄関の壁とその外壁の一部に採用し、デザイン的なポイントとなっています。
もうひとつのこの家の外観の特徴にもなっている、門扉を兼ねた大型の可動フェンスは、外部とのフィルターとなってプライバシーを適度に確保し、内部に落ち着きをもたらします。そうすることで玄関前スペースや庭といった外部空間を、室内との中間的なスペースとして機能するように考えました。
LDKには吹き抜けを設け、南側隣家の竹薮ごしの光を室内に呼び込み、また家の中心スペースとして2階のプライベートスペースと緩やかな繋がり感をもたらします。木の構造材を部分的にあらわしにして使うことで素朴さと優しい雰囲気を持つ室内空間としました。
コスト的な制約がある中ですが、この家族らしい快適な住まいが実現できたのではないかと思います。

  ●日時 :平成22年9月11日(土)、12日(日) 13:00 - 18:00
      (※午前中をご希望の方は問い合わせください)
  ●場所 :東京都狛江市
  ●交通 :小田急線 「狛江」駅より徒歩17分(約1.5km)
       バス乗車3分徒歩5分、タクシー4分
       開催地付近にコインパーキング有り

※見学は申込制(無料)です。
見学ご希望の方はメール(nakamura@unit-h.com)にて、「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」をお書き添えのうえ、お申し込みください。
おって詳しい案内をメールでお送りします。


↓建築概要と模型写真はこちらから
「狛江・Y邸」中村高淑建築設計事務所のサイトへ
http://www.unit-h.com/nakamura/works/prioject/0911komae/index.html

▼申込方法:メール(nakamura@unit-h.com)にて
 「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」をお書き添えのうえ、お申し込みください。
 おって詳しい案内をメールでお送りします。
 ※当日のお申し込みは (株)中村高淑建築設計事務所 045-978-4335 までお電話ください。




posted by みーちゃん at 22:24| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

「池上の家」オープンハウスのお知らせ

PastedGraphic-1-1.jpeg


都内の住宅街に計画した都市型3階建ての住宅です。敷地面積は約20坪程度、狭小住宅の部類に入るでしょう。
間口が狭く長細い敷地形状を有効利用を図りつつもコストを抑えるために、鉄筋コンクリート(RC)と木造の混構造としました。
1階は上階に部屋を有しつつ2台の駐車スペースを確保、さらに深夜でも気兼ねなく音楽を楽しむことができるよう防音室を設けたことから、構造的に自由度が高く強度を保つことができて、かつ防音効果も高いRC造としました。
2階にLDKを配置し、オープンな螺旋階段部を吹き抜けにすることによって開放感を演出しつつ、光を室内に取り込むことで狭さを感じさせないように考えました。
3階には主寝室と各子供室を配置。それぞれ閉じた空間としていますが吹き抜けを通じて、なんとなく互いの存在が感じられるようにしていす。開閉型のトップライトを階段吹き抜け上部と各室に設けてあり、温度差によるドラフトを利用した空気の流れを作り、狭い敷地ながらもなるべく自然の風で快適に過ごせるように工夫しています。

  ●日時 :平成22年8月21日(土) 13:00 - 18:00
      (※午前中をご希望の方は問い合わせください)
  ●場所 :東京都大田区池上
  ●交通 :東急池上線 「 池上 」駅より徒歩10分(約900m)
       東急多摩川線「武蔵新田」駅より徒歩 9分(約700m)
       開催地付近にコインパーキング有り

↓建築概要と模型写真はこちらから
「池上の家」中村高淑建築設計事務所のサイトへ
http://www.unit-h.com/nakamura/works/prioject/0911ikegami/index.html


▼申込方法:メール(nakamura@unit-h.com)にて
 「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」をお書き添えのうえ、お申し込みください。
 おって詳しい案内をメールでお送りします。
 ※当日のお申し込みは (株)中村高淑建築設計事務所 045-978-4335 までお電話ください。





posted by みーちゃん at 17:27| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

東京スカイツリー

IMG_0531.jpeg

土地購入相談中のお客さんの候補地を下見にいってきたついでに工事中の東京スカイツリーを見学してきました。

現在408mまで工事が進んでいて、東京タワーの333mを超えています。
写真を撮っている人も多く、すでに東京の新名所ですね。

迫力あります。
posted by みーちゃん at 00:00| 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする