2016年06月06日

木造耐火「根岸の家」オープンハウス

PastedGraphic-1.tiff

かねてより計画を進めてまりました住宅が完成を迎えました。
オーナーのご厚意により、見学会を開催いたします。

▼申込方法:メールにて(nakamura@unit-h.com)
見学は申込制(無料)です。 「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」をお書き添えのうえ、お申し込みください。
おって詳しい案内をメールでお送りします。
※当日のお申し込みもOKです。

見学は申込制(無料)です。開催時間中ご自由に見学いただけます。
ドタキャンもOKですのでお気軽にお申し込みください。
皆様のお越しをお待ちしております。

=================================================
「根岸の家」オープンハウス          ■ 6月11、12日■
--木造耐火建築物で実現した防火地域に建つ吹抜けのある3階建て住宅
=================================================

計画地である台東区はほぼ全域が防火地域(一部準防火地域)に指定されており、防火地域では新築にあたり延床面積100u以上、もしくは2階建て以上の建物は耐火建築物としなければならない。従来は耐火建築物とするには鉄筋コンクリート造や鉄骨造となり、建築コストの負担が大きかったが、建築基準法が改正され、木造でも耐火建築物の建設が可能となったことで、近年、木造耐火構造の仕様規定の整備が進んできている。

その防火地域にあって、中低層の雑居ビルや高層マンション、木造の低層住宅や店舗、お寺などが密集して混在する地域において、3階建て木造住宅を耐火建築物として計画した。東側道路で南側に高いビルが近接するやや細長い形状の計画地において、トップライトと吹抜や階段を組み合わせて設けることで、2階に配置したLDKや1階の居室の採光を確保、北側の柔らく安定した光も積極的に採り込み、視界の抜ける部分には隣地の庭園の樹木を借景するなどの工夫をした。3階は吹抜け面して個室の前室としてホワイエを、1階には必要な耐力壁を満足しつつ、ガレージとガラスを多用した狭さを感じさせない玄関を設けた。

徐々に着工棟数が増えつつある木造耐火建築、構造方式の選択肢が広がったことで実現が可能になった事例であり、今後の都内の建て替え需要にも期待が持てる。

日  時 :2016年 6月11日(土)、12日(日)
              午前の部 10:00-18:00     午後の部 13:00-18:00

場  所 :東京都台東区根岸
       
交  通:1)JR「鴬谷駅」 徒歩7分(約550m)
        2)日比谷線「入谷駅」徒歩7分(約600m)
     ※近隣にコインパーキングあり

敷地面積 :  68.98平米(20.87坪)
延床面積 :149.36平米(45.18坪)
用  途 :一戸建ての専用住宅
構  造 :木造 耐火構造 3階建て

設計監理 :unit-H 中村高淑築設計事務所
      白砂孝洋建築設計事務所
構造設計 :吉田一成構造設計室
内装設計 :decimo
施  工 :カクイホーム

問い合せ:中村高淑建築設計事務所
        TEL 045-532-4934  Mail nakamura@unit-h.com
posted by みーちゃん at 00:00| 神奈川 ☔| オープンハウスのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする