2010年11月20日

インド建築旅行

P1010312.jpeg

ナマステ〜!
ただいまインドに来ています。

本当は土曜日成田に帰国予定でしたが、インド国内線の遅延トラブルで予定した帰国便にトランジットできず、デリーで足止めを食らってしまいました。(泣)
便数が少ないため月曜日の帰国に...。日曜日と月曜日に予定していた打合せや会議は急遽キャンセルです。
が、これもインド旅行の醍醐味(!?)と開きなおって、思いがけない期間延長を楽しんでいます。
時間ができたのでかいつまんでブログにアップしますね。


P1010027.jpeg


今回のインド旅行の目的はコルビジェが計画した都市シャンティガールと綿業会館、L.I.カーンのインド経営大学の見学。



P1010087.jpeg

フランスや日本にあるコルビジェの建築、アメリカにあるカーンの建築もいくつか見ていますが、ここインドではインドならでは要素も取り入れた実に力強い建物でとても感動しました。
そのついでに(普通の人はこちらがメイン!?)タージマハールなどの世界遺産や遺跡も見学しましたが、いやいやこちらも素晴らしいのひとこと。


P1010770.jpeg



P1010619.jpeg


建築はやはり現地で実物を見ないとほんとうのところはわかりません。気候・風土・匂い・音・歴史や文化まで含めての建築です。
実に歴史ある文化と文明を持った国で尊敬に値します。

が反面、それよりもなによりもインドという国へのカルチャーショックが一番すごい!(笑)

まず面食らうのが右に左に縦横無尽、対向車が来ていても追い越しをかけるインディアンドライバーによるインド走り、そしてけたたましく鳴り響くホーン。
しだいに慣れてきましたが、初めのうちは並のジェットコ
スターよりもスリルが味わえますよ。
バイクの3人乗り4人乗りもあたりまえです。


P1010174.jpeg



それに野良犬、そして野良牛。(笑) 
実は野良人もいたりします。
(※写真の牛は飼い牛です。野良牛もこんな風に普通に道路にいます。)

東京の街をよく「カオス(混沌)」と称しますが、なんのなんのインドはカオスなんてもんじゃない!
むしろ無秩序に近いような...。(笑)

IMG_0720.jpeg


こうみえても僕はとても繊細にできていてお腹も弱いので、インドへは一生行くつもりはなかったのです。
が、インドのコルビジェとカーンは一度は見てみたい。

そんな折、「大磯の家」のクライアント家族が仕事の都合で一年ほどインド滞在するとのことで「知り合いがいて体力のあるうちに行こうかな」となったのです。
さらにちょうどタイミングよくコルビジェの孫弟子にあたる建築家・室伏次郎さんが6月にインドにいかれたのことでスライドを見せていただく機会がありました。室伏さんのインドのお話しを伺ったら、もういくしかないと決断!
忙しい最中のスケジュールをやりくりしたのです。


IMG_0700.jpeg


そうそう、旅の楽しみのひとつといえば食事です。こちらは3食カレーがデフォです。
10日近く滞在し、いくらうまいとはいえカレー三昧にもさすがにあきました〜。
お腹はちょっとゆるいものの体調はいたって元気です。
早く帰ってゆっくりお風呂に入ったあと日本食が食べたい!

明日こそ帰れるかにゃ!?







posted by みーちゃん at 17:04| 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする